禅道会の歩み

1999年1月、真の護身武道の追求と青少年の健全育成が可能な武道教育を確立するため設立。
あらゆる局面に対応できるような武道を目指し、打撃技、投げ技、関節技などを万人が安全に習得できるように、空手の稽古体系を基に競技化されました。

発祥の地 長野県を中心に日本各地区‐中部・関東・東海・関西・中国・九州、海外にはタイ・フィリピン・ラオスに道場があり国際的に展開。

禅道会の空手は「誰でもできる空手」ということで、幼年からシニアまで7000人以上の幅広い年齢層の道場生が、それぞれの目的に合わせた稽古に取り組み、着実に成果を上げています。
また個人的にリングなどの大会に参戦し、活躍する強豪選手も多数在籍しています。

視覚障害者支援、国際エイズ孤児、国際ストリートチルドレン救済支援など、ほとんどの大会をチャリティーとして開催し、武道を通じた国際貢献活動に邁進しています。
昨今の社会問題でもある引きこもり・ニート・不登校・家庭内暴力などの心に問題を持つ青少年の自立支援事業、高校卒業資格を取得する為に通信制高校との提携など、「畳の上の水練」ではない時代に即した空手として、武道空手道での社会貢献、福祉や教育関係などあらゆる方面から積極的に展開しています。

禅道会とは

禅道会とは

  • 道場一覧
  • 主席師範コラム
  • 雑誌掲載記事
  • 全国行事表
  • 技術コラム
  • 武道について
  • 動画
  • 寮生研修生
  • よくある質問 Q&A