RFジュニア全日本空手道選手権大会が開催されました!

30 9月 2019

開催日
9月22日
開催場所
長野県長野市ビッグハット

今年、長野県では最後のジュニア全日本大会という事で、係ともども出場選手も気合が入ってました!
全日本大会は空気からして違いますね、本当に気持ち良い緊張感が漂っており、計量時から選手だけでなく、保護者、先生方も緊張感があるのをひしひしと感じました。
会場には全6コートが敷かれ、会場を見下ろすと景色も壮観です。
開会演武ではRIZINに出場している石岡副実行委員長のバット2方割りの演武が行われ、試合がいよいよ始まります。

各コート熱戦が続く中ひと際大きな歓声が聞こえるのは第1コート。
エキスパート部門がメインのコートですね。全国トップクラスの選手、そして海外の選手が揃っているコートです。私は別のコートで見れませんでしたが、その大きな歓声から盛り上がりが伝わります、全日本強化選手にとっても最大の見せ場となります。
結果を見る限り、日本選手団が相当頑張り、ほとんどの階級を日本選手団が取りましたね。
強化選手の団結力もすさまじく、お互いがお互いを鼓舞しあって、非常に良い形で、結果につながっているのではないでしょうか。
海外の選手団も毎年日本に来て盛り上げてくれて、本当に感謝しかありません。
彼らのレスリング技術や総合格闘技、何よりも武道に対する姿勢は武道母国日本こそ学ぶべきものがあります。
来年の開催予定の東京国際では、多くの海外選手の来日をお待ちしております。

1日を通してすごく良い試合もたくさん見れて、とても爽やかな気持ちで、大会は幕を閉じました。
そして来年は10月にはいよいよ東京国際!禅道会初の国際大会となります。
今年の全日本で悔しい思いをした子達!あと1年あります!来年は世界チャンピオン目指して頑張ろう!