禅道会イランセミナー遠征

21 9月 2017

禅道会イランセミナー遠征

禅道会イラン支部より、今年2回目となる禅道会セミナー(小沢先生のセミナーと女性セミナー)の依頼があり、小沢先生をはじめ、小沢先生と今年ご縁があった国際五行通背拳協会 通背拳一修会代表であり 少祁派五行通背拳七代伝人 村松希実彦先生、禅道会少年部を代表して黒帯の谷村泰嘉君、禅道会道場生であり通訳の松沼慶亮さんと矢井一輝さん、そして私、石原の6人が今回イランに赴きました。

8月28日(月)出発

8月28日(月)出発。
午後7時、成田空港に皆集結。成田空港 夜の便にて、フライト時間10時間50分でカタールのドーハ空港に到着、乗り継ぎをし、フライト時間2時間でイランに到着しました。すでに日付けは、29日(火)AM11:35。
イランでは、女性は肌と髪を露出してはいけないので、私は腕の日焼け止め腕カバーを両腕にし、髪にはスカーフをまき飛行機を降りました。
イランの空港には、禅道会イラン支部の皆さんが今か今かと待ちかまえ、到着すると皆喜び、大歓迎を受けました!
記念写真を撮り、ホテルへ車で移動 約1時間。
首都テヘランの町は、交通量も多く、多くの車が走っていました。湿気も少なくカラッとしていて昼間だけ気温が高く暑いですが、朝晩は涼しく、思っていたより過ごしやすい季節。予約して頂いたホテルは高台にあり、テヘランの町が一望出来、絶景!夜景もとても綺麗な場所でした。

ホテルで遅い昼食をし、数時間休んだ後、部屋にイラン支部の皆さんが再度集結し、歓迎会をしてくれました。日本では食べたことがないフルーツがテーブルに続々と登場!イランのフルーツを満喫し、その後、食事をしました。武道についてやイラン支部の様子、様々な話を語り合いました。小沢先生をはじめとし、私達がイランにきてくれたことを大変感謝し、喜んでいました。話も盛り上がり、その後、イラン時間深夜1時半頃、イラン支部の皆さんが帰宅。
イランとの時差約4時間半なので、日本時間でいうと、6時近くになりますが、私達は深い眠りにつきました。

8月30日(水)

3日目の8月30日(水)は、1日オフ。体を休め、イラン支部の皆さんが観光を兼ね、テーマパークに連れていってくれました。テーマパークでイランの有名な、映画に沢山出演されているコメディ俳優さんに会い、ランチを一緒にしました。
そして、この日の夕食後にも、部屋にイラン支部の皆さんがきて、歓迎会をしてくれました。大歓迎です。

8月31日(木)女性セミナー

4日目の8月31日(木)いよいよ女性セミナー。
イランは宗教の関係で、禁酒です。また服装にも厳しく、女性は夫以外の男性に髪の毛や肌、運動している姿を見せてはならず、そして、触れてもならず、男性は短パン姿が好まれません。町中を走っているバスでも、バスの中で仕切られていて、男性と女性が分かれています。ですので、セミナーも男女別。

8月31日(木)女性セミナー

会場はイラン支部の道場。8時半から13時半の5時間のセミナーでした。昨年は、男性の方が去り、女性だけになったら全員スカーフをはずしても大丈夫だったのですが、今回はなぜか駄目のようで、外国人の私のみはずしました。通訳は日本人の方で、昨年セミナーでお世話になった心強い助っ人西山さん。会場には子供から大人までの約100名の参加者が集まりました。
多くの質問に答え、私的には会場が狭く不完全燃焼でしたが、皆、喜んでくれ、5時間のセミナーもあっという間に終了!ひと仕事終えました。

8月31日(木)女性セミナー

9月1日(金)小沢先生セミナー

5日目の9月1日(金)いよいよ小沢先生の出番!小沢先生セミナーです。
前の晩、私は無理だと思ったのですが、小沢先生に「体を動かさず号令だけ石原にかけてもらう」と言われ、空手衣を一応着ていったものの、案の定、会場に着き、セミナーが始まると小部屋に隔離。男性が着替えるところも見てはならないようでした。隙間からセミナーをみていましたが、さすが小沢先生!大変盛り上がりました!
会場は熱気に包まれ、小沢先生の号令で準備体操と基本稽古が始まり、その後、組技セミナーに入りました。小沢先生の技に皆、一喜一憂。技の説明で受け手となっていた松沼さんの、痛そうな、悲鳴のような声が会場に響いていましたが、技のキレにみな圧巻。参加者たちの小沢先生にむける羨望(せんぼう)のまなざしは、セミナーの大成功を物語っていました。
セミナー終了後、ホテルに戻りシャワーを浴びた頃、セミナーに参加したイラン支部の指導者が集まってきて、ホテルの庭で一緒に食事をしました。
この夜も、部屋にイラン支部の皆さんがホテルの部屋に再度集結し、歓迎会をしてくれました。

9月2日(土)

6日目の9月2日(土) この日もオフ。
イラン支部の方がバードパークにつれて行ってくれ、そして、夜はイラン支部の道場生の方の家にお招き頂き、イランの伝統的な家庭料理を準備して下さり、テーブルには料理がズラリ。そして、イラン支部の方が続々と家に集まってきて、この夜もイラン支部の皆さんと沢山語り合いました。

禅道会イランセミナー遠征

9月3日(日)帰国の日

7日目の9月3日(日) この日は帰国の日です。
フライトが夜の為、午前10時にホテルを出発し、お土産を買いに市場に連れて行ってくれました。街並みはとてもきれいで、お店がたくさん並んでいました。最終日にようやく日本円をイランリラに両替。イランに同行した道場生たちが、「〇〇がほしいです」、というと、探してくれ、交渉して値切って購入してくれました。その後、また、今回最初から通訳としてお世話してくださったモホマッドゥ ジャリリィさんのお宅にお招き頂き、ここでもフルコースでイランの伝統的な家庭料理を食べきれないくらい準備して下さりご馳走になりました。ジャリリィさんのご家族ともいろいろと語り合い、楽しい時間を過ごし、その後、空港へ。
私たちが搭乗手続きがすみ、中に入って見えなくなるまで見送ってくれていました。
イラン支部の皆さんは、私達がイラン滞在中、とても親切にしてくれ大変よくしてくれました。小沢先生と私は今回イラン2回目でしたが、今回同行した村松先生とはじめとし、道場生の皆さんは、「楽しかったぁ!!」と口をそろえて感想をいっていました。イラン支部の皆さん、本当にありがとうございまいた。そして、大変お世話になりました!

禅道会イランセミナー遠征

マハムッドゥイラン支部長曰く、引き続き、1年単位でイランセミナーを開催したいとのこと。来年は、場所を変え、カスピ海ヨーグルトとキャビアが有名なカスピ海近辺で、近隣諸国の禅道会支部の皆さんも参加できるようなセミナーを計画していました。カスピ海はとても大きく、ロシア、アゼルバイジャン、イラン、トルクメニスタン、カザフスタンに面しています。興味のある方は、次回一緒にイランへ訪れてみてはいかがでしょうか。ご希望の方は、お気軽に本部にお問い合わせ下さい。