フルコンタクトMMAルールの紹介

27 9月 2018

フルコンタクトMMAルール!紹介させて頂きます!

来たる11月4日に長野県岡谷市にて開催予定の全日本RFジュニア空手道選手権大会!
大会には多くの団体の選手の参加と活躍を期待して部門・階級を多く設けております!

  • RFビギナー・レギュラールール
  • RFエキスパートルール
  • フルコンタクトMMAルール

ルールは大きく分けて上記の3つ!
その中でも本日は異色のフルコンタクトMMA部門に関してをご説明させて頂きます!
基本ルールはこちらから!!→ http://www.budo.or.jp/rule/mma

こちらのルールはベーシックなフルコンルール(打撃は首から下のみ*顔面はハイキックのみ)に加えて投げ技、そして関節技を追加した新ルールとなっております!
一昨年から導入され徐々に認知も広がってきましたが、まだまだ参加者も少ないので是非活躍できる舞台を活かしてほしいと思います!

このルールの特徴をご紹介!!

①組み技に入る前には、必ず打撃を打たなければならない。
やはり立ち技をベースに考えている為打撃は絶対なんですね~(´・ω・`)

②組みついてから主審の3カウント以内に投げなければブレイクとなる
高い投げ技のスキルが要求されますね、その分、打撃屋にはチャンスもめぐりやすいか( ..)φメモメモ

③試合時間は3分!その3分の中でグラウンド時間は10秒無制限 認められる関節技は (腕ひしぎ十字、腕がらみ、バックポジションからのスリーパーホールド(RNC)・襟を使っての絞め技・三角絞め)
なるほど!では考えようでは戦略も立てやすそうですね、子どもの試合で3分は長い方ですね~( `―´)ノ

とまあ目立った所はこんなところでしょうか?
*ルールについて良く分からない点があれば、大会事務局までお問い合わせ下さい*
次回大会が本当に楽しみです!より白熱した熱い試合が見れそうですね!11月4日長野県岡谷市で全国のキッズ空手家をお待ちしております!

↓11月4日の2018 全日本ジュニアRF 出場・協賛者募集