【フルコン取材】これからも文化性を大切にし、社会貢献できる人を育てていきたい

27 2月 2018

月刊フルコンタクト空手マガジンの取材

2月5日、小沢先生は東京都小金井市の空手道禅道会東京支部道場にて、月刊フルコンタクトKARATEマガジンの取材を受けられました。

今回の題材はなんと!
2020年の東京オリンピックに正式に空手種目が決定し、同じ空手界の者として非常に喜ばしい。と思いつつも、フルコンタクト空手界がノンコンタクト空手に諸手を上げて迎合している様に動いている昨今の状況に危機感を抱かれる小沢先生の考えにスポットがあたっています。

小沢先生はなぜ危機感を抱いているのか?
小沢先生の考える文化性や武道性とは?
実戦空手、武道教育とは?

など、”格闘技界の智の巨人”と称される小沢先生の武道、空手道の持つ教育性の奥深さやを思う存分に考えさせられる取材となりました!
皆さま、次回の月刊フルコンタクト空手マガジンを乞うご期待です!

月刊フルコンタクト空手マガジン
https://www.facebook.com/fullcon1/

【フルコン取材】これからも文化性を大切にし、社会貢献できる人を育てていきたい

【フルコン取材】小沢先生