大会バウトレビュー!!~2017全日本RFジュニア大会編~

22 11月 2017

2017 全日本ジュニアRF武道空手選手権大会

大きく遅れましたが!!
2017年10月15日岡谷市にて開催されたジュニアの全国大会!の様子をレビュー
総勢500名の選手がエントリー!
今年もたくさんのドラマがありましたね!私は自身のコートの係で全く見れませんでしたので、あくまで私が見れた範囲が書く内容となってしまいます、、、申し訳ございません(/_;)
そして独断と偏見も入っております。ご了承ください。

開会式は岡谷市岡谷東部中学校の吹奏楽部の皆さんの演奏からスタートしました!
熱い演奏で選手たちの気持ちも盛り上がります( `―´)ノミンナガンバレ~( `―´)ノ
岡谷東部中学校の皆様熱い演奏、ありがとうございました!

岡谷市岡谷東部中学校の吹奏楽部の皆さん

当日は本当に忙しい中多くの先生方がご来賓で来て下さいました。
誠にありがとうございました。

選手たちの注目はやはりロシア勢!すごいインパクトを残していきました。
私は4.5日彼らと共に過ごしました、、、。
大変でした(+_+)日本と全く文化が違うわけですが、ん~国際交流として、、、、
いや!本当に大変でしたが楽しかったですね笑 日本人からしたら考えれない感覚が山ほどありました、ふざけてました笑 只、格闘技に対する気持ちの強さ、練習態度、正に軍隊のような練習体系初参戦でどんなもんだ?と見てましたが、これはレベルが高いぞと、本当に驚きました、僕が見てるとじゃれてふざけてくる子もコーチもいましたが(笑)練習も適度の緊張感、そしていい感じで抜くんですよね、私は大変勉強になりました。
話を聞くと格闘技で将来有望な選手は国から補助が出るそうです。
いや!そら強いわ!ロシアナンバーワンが各学年何人も来てましたね、あるコーチが僕の元に連れてきた子が居て「この子は世界大会2位なんだ!」って紹介してくれた子も居ました。世界大会って! なんの??笑 まあやばいレベルってことですね。
いやいや日本は負けちゃいない!日本の子達も本当に頑張りました!

さてさて試合は始まっていきます、今回の注目選手として目玉選手はやはり禅道会播磨道場 谷村泰嘉選手
小沢先生と帯同してロシア遠征に行き現場での試合経験があります。
ロシア選手との戦い方は慣れているからか、見事に優勝を果たしました。
本人も大きな経験を積んだ事が、結果に繋がったと思います。
また海外遠征の試合があるときもありますので興味がある方は各道場の先生にお問い合わせください。海外遠征はどなたでも参加いただけます。

続いて、禅道会播磨道場 谷村兄弟弟の泰和選手、東京世田谷道場の中島光優選手、
二人とも小学4年生ですね、来年からは5年生に上がりますので、光優選手は女子部門に混ざりますのでもう試合をすることはなくなりますが、この二人の試合は歴史がありますね。 お互い全国を代表する選手で体格も近いので、トーナメント2~3回戦目でぶつかり、どちらか涙を呑んでいます、前回の茶帯、黒帯トーナメントでは中島選手が勝利しました。
今回は激しい展開の末腕十字で一本取った谷村選手が勝利を掴み、勢いそのままに頂点を掴んだ。

そして大会中私が今回最も驚いたのは、禅道会白馬の山口雷選手!
まだすいません、小学3年生の子が8級で青帯の子が珍しくエキスパート部門に出場しているな~というくらいで見ていて、試合が始まったら驚きの連発、この子、、、総合を知っている、戦い方が以上に大人びているという印象、打撃からタックルへの繋ぎは見事でした、リングだったら負けないかなと思わせる戦い方、レベルでした。彼は見事3位に輝きましたが、大会技術賞があるなら個人的に僕は彼に捧げますよ(´・ω・`)

私の中でインパクトがあった試合をあげさせて頂きましたが、本当に熱い戦いが多くありました。今回は初のロシア勢の参戦もあり、大きな緊張の中スタートしましたが、 無事に大会が終了することができました、大会実行委員の今津実行委員長を始め、中信支部、大会当日に手伝って下さいました、スタッフ、審判の皆様本当にお疲れ様でした。押忍