第12回 メキキユニバーシティ『武を極める』で、小沢首席師範が講演!

04 7月 2019

2019年6月27日
梅若能楽学院会館(東京・東中野)に於いて、メキキユニバーシティ 第12回フォーラム〝武を極める〟が開催されました。

このフォーラムには、剣道、合気道、柔道、武術界から一流の先生方が参加され、空手道からは小沢 隆 禅道会首席師範が講演をされました。

▼会場は、武を極めるというタイトルに相応しい、格式を重んじる能楽の舞台で、講義を行う6名の先生方はそれぞれの道着に白足袋を履きご登壇。厳かな雰囲気の中、大型画面を効果的に活用しつつ各々15分ずつお話し下さいました。

▼ご講演頂きました演題は以下の通り。

演題「剣は人なり」
高濱 猛 先生(剣道七段)

演題「合氣和合の精神と志」
浦上 豊 先生(浦上道場)

演題「武の本質は〝自他不敗〟〜自分も負けない、相手も負けさせない〜
レノンリー先生(一般社団法人国際徳育協会設立者)

演題「礼の精神」
小沢 隆 先生(NPO法人日本武道総合格闘技連盟 理事長)

演題「サムライ精神の今日的意義」
荒谷 卓 先生(明治神宮武道場至誠館元館長/熊野飛鳥むすびの里 創設者)

演題「武道の心〜大和心と大和魂の源流〜」
出光 光 先生(一般社団法人メキキの会会長)

▼近年、海外に於いては日本の文化、とりわけ武道が高い評価と注目を集めております。
この事実を私たち日本人は「武道本家日本の自覚と誇り」を持って、日々の稽古に励んで頂ければと思います。