フルコンタクト空手の取材!小沢先生から学んだ技とは?

01 7月 2018

5月下旬、小沢先生は東京都渋谷区のWORLD JAPAN 本社ショールームにて月刊フルコンタクトKARATEマガジンの取材を受けられました。

禅道会も今年で20周年を迎え、全国大会には今年も世界各支部から参加者が集い、益々盛大に開催される事が予想されます!
そんな中今回は、禅道会の原点を振り返ると言っても過言ではないメンバーが集まられました。
禅道会発足初期の研修生で、小沢先生と共に稽古に励まれ、現在は中国広島支部支部長として武道普及に努められる岩間先生をはじめ、現在は幅広くビジネス事業も展開させながら道場運営もこなす横浜支部支部長・大畑先生、自らの稽古に常にストイックに励み、プロのリングでも活躍中の横浜支部指導員・ルイス指導員–
研修生として禅道会を支えてきた、まさに高弟の皆さんが集結されました。

“高弟たちが語る若き日の小沢先生”と題して、小沢先生から教えて頂いた技、その技を実際にもらい体感した事・気付き、その時のエピソード更には、印象に残っている小沢先生との思い出などを語って頂き、さらにその技を実演頂きました。
また小沢先生が技を披露され、受け手に各先生方がつかれ、当時を再現するかのような光景も見られました。小沢先生と対峙する表情は普段道場生や試合に臨む姿とは違い、あっという間に昔に戻ったようなそんな様子が窺えました。昔と変わらない小沢先生の技に思わず苦笑い。その場の雰囲気も懐かしいようなそんな空気に包まれておりました。
改めて小沢先生の技の威力・正確さを実感したのと同時に、そういった“技”を私たちも身に付け、さらには後世に伝え残していかなければならないと痛感致しました。

最後には小沢先生を囲んで皆んなで昔話に花が咲きました。昔話は尽きることがありません…

さて、気になる技・懐かしいエピソードの数々は月刊フルコンタクトKARATEマガジンにて‼︎