3/25(日) RF武道柔術中国地区大会が開催されました!!

13 4月 2018

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会が開催されました!!

広島山口支部 支部長岩間です。
3月25日(日)「中国地区昇級審査会およびRF武道柔術中国地区大会」について報告させて頂きます。

今回が中国地区、今年初めての審査会と大会となりました。
審査会では、今年第一回目に相応しくよく気合が出ていたと思います。

検定員今津先生(長野中信支部長)の講評で「気合が大きくて良かったですが、終わりのほうで気合が小さくなってきたので、基本稽古・移動稽古の全体を通して最後まで気合が出るように。あと全体的に皆、構えのガードが低かったです。人間の顔面、頭部は、眼球や脳があり、ガードは人間の大事な頭部を守るために大切なので気をつけて稽古していって下さい。」と指導を頂きました。

広島山口支部及び西日本の支部長道場長、少年部生に「ガードを上げなさい」と指導はしてきたのですが、その意味合いまではあまり説明してこなかったと思いますので、少年部たちもイマイチ気をつける意識に結びついてなかったと思います。指導者たちもなるほど確かにと意識を考えさせられる審査会となりました。指導者、受験者だけでなく、保護者の皆様にも技術的なことをご理解頂ける良い機会でした。

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

そして午後のRF武道柔術中国地区大会。
昨年まで中国地区の組技大会は禅道会内のみで行われてきたのを、今年はRF武道空手道20周年でもあり、西日本地区の「RF武道空手道普及」と「RFルール技術向上」を考え、打撃大会と同じように他団体さんもご参加頂けるよう企画しました。
大会出場者は111名。
中国地区大会の常連団体さんである毛利道場、観己流、優志塾、武道塾、今回初参加の少年柔道クラブ八次柔道場、そして禅道会からは長野県より中信支部、阿南道場、根羽道場、中川道場、西日本地区からは播磨道場、島根道場、主催支部の広島山口支部の各道場まで、幅広く多くのご参加を頂きました。 (中国四国地区の毛利道場、観己流、優志塾、武道塾、長迫道場の皆様には、長野県開催の全日本ジュニアRF大会にもご参加頂いております!)

第一試合場では、少年部の投げ~抑え込みポイント制ルール、 第二試合場では、少年部のジュニア柔術ルール(関節技絞め技あり)と一般部 今回、中国地区大会としては初の少年部関節技絞め技ありのルールが行われ、更には多くの道場からの参加で場内は大いに盛り上がりました。 第一試合場では、優志塾、観己流、八次柔道場、そして禅道会各道場の熱い対戦があり、投げ~抑え込みポイント制ルールらしく動きの速い展開となりました。全体的に各道場の皆さん、投げ~抑え込みでポイントを取れるようしっかり練習をされてこられたのがよく分かります。

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

常連団体さんである優志塾さん、観己流さんは元気良く投げを取りに行き、積極的に前へ前へ出て技を仕掛けようとしてました。柔道である八次柔道場さんは強かったです。半端ない集中力と落ち着きがありました。日ごろの稽古からくるものでしょう。試合のときだけ本気を出そうとしても普段の稽古の積み重ねがなければそういう雰囲気は出せません。各団体さんを見習いたいです。でも禅道会の選手たちもよく頑張りましたよ!
第二試合場では、毛利道場、武道塾、そして禅道会各道場の対戦となり、少年部ポイント制から発展した寝技の比重が高いジュニア柔術ルールはとても見応えがありました。毛利道場さん、武道塾さんの少年部の皆さん、ずいぶん前から長く関節技絞め技を稽古されており、昨年の全日本RFジュニア大会にもエキスパートルールにてご参加頂いております。

禅道会の長野県、島根、播磨、広島山口支部の選手たちも良く健闘し、今回は第二試合場の少年部と一般部ともに、できるだけ試合経験を積めるよう敗者戦(敗者どうしの試合)を組み、一人2試合以上を行いました。これは試合経験を積むためにとても良かったと思います。 第二試合場には長野県選手が多く参加してましたので、皆さん応援がとても大きく盛り上がり、ふと気づくと試合場がナント「長野県ワールド(笑)」に!今回は今津支部長、小澤貴道場長が多くの選手を募り、保護者さん、監督、マネージャー、審判員を引き連れてバス遠征して来てくれたのでありました。感謝。

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

今回の来賓として、RF武道空手協会の特別運営顧問「総合武道 絆會黒木道場 黒木克昌先生」に来広頂きました。先日に特別運営顧問を快くお引き受け頂き、当大会には翌日から黒木道場春合宿があるにも関わらず、お忙しい中、東京から広島まで駆けつけて下さったのでした。本当にありがとうございました。
組技は受身が取れないと大きな事故に繋がることもあるので、安全管理には十分注意するのですが、特に何もなく無事に終了しました。
あと、大会自体は審査会より敷居が高いこともあり、参加しにくい傾向がありますが、今回は「少年部5級以下には実力を合わせた組合せをするので積極的に大会参加し頑張りましょう!」と呼び掛け、大会募集をしました。結果多くのご参加を頂き、とても良かったと思います。 大会の主旨をご理解下さり多くのご参加を頂き、各団体の先生、保護者様、選手の皆様ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

次回は、7月15日(日)に「RF武道空手道中国地区大会」を開催します。すでに関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州地区の団体様より参加をご連絡表明頂いております! 皆様、奮ってご参加下さい。お待ちしております。押忍!

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

試合結果

  • 開催日
    平成30年3月25日(日)
  • 会場
    廿日市市スポーツセンター武道場
  • 主催
    NPO法人日本武道総合格闘技連盟 空手道禅道会広島山口支部

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

年中の部

優勝
望月龍晟  禅道会観音道場

年長の部

優勝
森永陽   観己流
準優勝
前田蒼太  禅道会播磨道場

小学1年生の部Aブロック

優勝
三田育夢  禅道会安佐南道場
準優勝
池淵愛永  禅道会島根道場

小学1年生の部Bブロック

優勝
別所歩   禅道会岩国道場
準優勝
大原康右  観己流

小学1・2年生女子の部

優勝
小松華音  禅道会呉道場

小学2年生の部Aブロック

優勝
内藤琉依  八次柔道場
準優勝
金藤恵太  禅道会安佐南道場

小学2年生の部Bブロック

優勝
渡橋尚紀  禅道会呉道場
準優勝
香江旬哉  禅道会呉道場

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

小学3年生の部Aブロック

優勝
岡浦脩市  禅道会呉道場
準優勝
大石陵馬  禅道会三次道場

小学3年生の部Bブロック

優勝
上浦汰雅  禅道会呉道場
準優勝
石田遼太郎 禅道会安佐南道場

小学3・4年生女子の部

優勝
森永侑   観己流
準優勝
遠藤陽愛  禅道会呉道場

小学4年生の部

優勝
水本悠我  優志塾
準優勝
道本俊汰  禅道会呉道場

小学5・6年生の部Aブロック

優勝
中本陽斗  禅道会播磨道場
準優勝
金藤陽翔  禅道会安佐南道場

小学5・6年生の部Bブロック

優勝
内藤莉久  八次柔道場
準優勝
高杉快斗  禅道会廿日市道場

小学5・6年生の部Cブロック

優勝
田邉優音  八次柔道場
準優勝
川口黎   八次柔道場

小学5・6年生の部Dブロック

優勝
田邉煌成  八次柔道場

中学生の部

優勝
榎本評   禅道会三次道場
準優勝
湊琉稀   禅道会観音道場

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

小学3・4年生RFジュニア柔術の部Aブロック

優勝
西田誠真  毛利道場

小学3・4年生RFジュニア柔術の部Bブロック

優勝
和田駿佑  禅道会呉道場
準優勝
小椋璃久  禅道会呉道場

小学5・6年生RFジュニア柔術の部

優勝
杉野功征  禅道会呉道場
準優勝
鈴木丈太郎 禅道会根羽道場

中学生RFジュニア柔術の部

優勝
満田悠   禅道会安佐南道場
準優勝
上瀬斗天  毛利道場

女子の部

優勝
桒原来夏  禅道会中信茅野道場

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

青年男子5級以下の部

優勝
丸目大介  禅道会呉道場
準優勝
藤岡翔平  禅道会呉道場

青年男子4級以上軽量級の部

優勝
矢島海飛  禅道会中信諏訪道場
準優勝
宇根空矢  禅道会岩国道場

青年男子4級以上重量級の部

優勝
中澤卓也  禅道会廿日市道場
準優勝
那須育夫  禅道会廿日市道場

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会

敢闘賞

年長の部

北尾唯人  禅道会廿日市道場

小学5・6年生RFジュニア柔術の部

金井大地 禅道会中信諏訪道場

特別賞

小学1年生の部Bブロック

井上寛太 禅道会呉道場

小学5・6年生RFジュニア柔術の部

宮島暖斗 禅道会阿南道場

3/25(日) RF武道柔術中国地区大会